ウインドウのくもりにはエアコンが効果アリ

 

冬の時期や雨の日などにクルマを運転していると、時々フロントガラスが曇って、前が見えにくくなってしまうことがあります。これはとても危険なことですよね。しかし、なせフロントガラスが曇ってしまうのでしょうか。この原因は外気温と車内の温度の差が大きいことにあります。暖かい空気には多くの水分が含まれています。冬の寒い日のフロントガラスは冷たく冷えていますが、暖かい車内の空気がフロントガラスに触れて温度が下がると、持ちきれなくなった水分が放出されてしまうのです。このためにフロントがランスに水滴はたまり、白く曇ってしまうことになります。

フロントガラスが曇った状態では視界が遮られて危険です。そのためには窓ふき用のタオルをいつも備え置いていると安心です。さらに効果が高いのは、エアコンです。エアコンをかけると、フロントガラスの曇りが取ることができます。その際には、エアコンの吹き出し口をウインドウのマークがついているところに設定する必要があります。下側からゆっくりと曇りがとれていきますが、完全に取れるまで慌てて運転しないようにしましょう。中途半端な状態で発進すると大変危険です。特に雪で冷たく冷え切ってしまっている時は、曇りが取れるまで時間がかかります。