未分類

 

雨降りの日にクルマに乗りこむとき、どうしても雨のしずくが車内に入ってしまいますが、なるべくなら入らないように注意したいものです。シートやドアの内側などが濡れてしまうだけでなく、マットなども雨水を吸い込んでしまい、なかなか乾きにくいからです。濡れたマットを通して、靴底が濡れてしまうと、アクセルやブレーキのペダルを踏み込むとき、靴が滑ることも少なくありません。雪道を歩いた後にクルマに乗りこむときも注意が必要です。靴底に雪が付いたままアクセルを踏むと、溶けた雪が水となって滑りやすくなってしまうのす。これはとても危険なことです。

同様に、運転するときの靴そのものも重要です。かかとの高いハイヒールや下駄などでは、やはりうまく運転することができません。靴底に関しても滑りにくい素材のものが安心です。靴底の素材によっては、非常に滑りやすいものもあるようです。また、アクセルを踏むときに、かかとをついて踏み込む方は、靴のかかとの部分も重要になってきます。かかとがしっかりした造りになっていないと、痛くなってきた利、靴が傷ついたりします。レーシングシューズなどではかかとの部分もしっかりガードされていますのでドライブが楽です。

 

 

雨の日の運転というのは普段以上に危険が付きまとうため、慎重さも普段以上に求められることになります。
特に重要なのがブレーキングであり、ブレーキはどのような状況でも早めにすることが基本となりますが雨の日は特に早めに踏む必要があります。

その理由としては路面が濡れているとスリップをしやすくなってしまい、制動距離が伸びてしまうことからブレーキを踏むのが遅ければ普段であれば止まることができたはずの距離であっても、止まることができずに衝突してしまうといった恐れがあるためです。
また、止まることができないというばかりか滑りやすい路面で急にブレーキを踏むことになると、車の制御がきかなくなり意思に反して車が勝手な方向に進んでしまう可能性もありますから、そのようなリスクを避けるためにも早めのブレーキが重要となるのです。

余裕を持ってブレーキを踏んでいれば滑りやすい雨の日であっても、安全の止まることができますから事故の危険性を最小限に抑えることができます。
車は人間が運転している以上事故をゼロにすることは出来ませんが、その可能性を極限まで減らすことは出来るので特に事故が起こりやすい雨の日などは十分に注意をして走るようにしましょう。

 

 

車の中は、オープンカーでなければ雨にも濡れませんが、雨の日は視界が悪く、異変に気が付くのも天気がいい日より遅くなります。
 夜間など、明らかに見えにくい場合とも異なり、窓越しの風景やミラーに映る光景が、水滴のせいで正確に見えない場合があります。その為、雨の日の運転は、普段に増して慎重さが求められます。サイドミラーに映る光景が、水滴でゆがんだり、見えにくくなることもあるので、右左折時は、ミラーだけでなく、目視の度合いを高めるように心がけましょう。
 
 何かの異変に気づくと、反射的な操作をしてしまいがちですが、雨の日は急発進ではタイヤが空回りしてしまう危険が、急ブレーキや急ハンドルではスリップやタイヤロックの危険があります。
 いったんスリップなどをすると、車は操作不能になります。
 急な操作の原因は、異変に気づくことに遅れることが大部分です。急な操作で、車がコントロールを失う事態を避けるため、雨の日は、普段よりもスピードを抑えめにするのがおすすめです。
また、視界が普段より悪かったり、急な運転操作でコントロールを失う危険は周囲を走るほかの車も同様です。
 自分の急操作が原因で、ほかの車に追突されたり、別の危険の原因になってしまうこともあるので、ウインカーなどの意思表示も早目にきちんとしましょう。
 

 

 

雨の道というのは様々な危険に満ち溢れているため、普段以上に注意をして運転をする必要があります。
そこで、雨の道にはどのような危険が潜んでいるのかというと、まずスリップをしやすくなるというものがあります。
そのため、乾いた路面と同じ感覚で走っているとカーブや急ハンドルを切ったときに、車の制御がきかなくなり事故につながってしまうこともあるのです。

また、滑りやすいということは当然止まりにくいということですから、急ブレーキなどをかけたときにも制動距離が長くなってしまい、乾燥路面であれば停止することが出来たものが濡れた路面ではそのままぶつかってしまうということもあるのです。
それに加えて制御が聞かなくなる恐れも高いだけに、雨の道というのは普段以上に注意をする必要があります。

滑りやすいという走行面の問題だけでなく、視界が悪化しやすいという問題があり特に雨が上がった後であっても水溜りなどがあれば対向車などが跳ね飛ばした水がフロントガラスにかかり視界が一瞬にしてゼロになってしまうこともあるので、雨の道を走る時には急に視界が失われる危険性についてもしっかりと認識しながら注意深く安全運転を心がけることが重要です。

 

 

自動車の窓用として販売されているアイテムは多く、ケミカル剤に分類されているものも数多く存在しています。窓に関しては視界に直結する部分になるために、常に綺麗な状態に仕上げることによって、安全運転につながることになります。実際に用意されている窓用アイテムの中には、汚れを除去するためのクリーナーがあります。スプレー式や泡タイプなど各種用意されているのですが、車内ではなく、車外部分に使うタイプのアイテムの中には水垢を強力に除去できるものも登場しています。鱗状に付着してしまった汚れであっても綺麗に落とすことが可能とされており、綺麗な視界を保つことが可能になります。また、曇り止めとして活用することもできます。窓ガラスは常に綺麗な状態に施すことによって、曇り止め効果を発揮することができますが、それでも曇ってしまう状態であれば、曇り止め用として販売されているアイテムを活用する方法があります。どのようなタイプであっても、拭き残しなどがある場合では、視界不良に陥ってしまうケースもあるために、窓を清掃した場合では、必ず窓の状態を運転席から確認を行うことも良い方法になります。また、定期的にメンテナンスを行うことも良い方法になり、特に喫煙者の場合ではヤニ取りを行うことも良い手段になります。

 

 

冬の時期や雨の日などにクルマを運転していると、時々フロントガラスが曇って、前が見えにくくなってしまうことがあります。これはとても危険なことですよね。しかし、なせフロントガラスが曇ってしまうのでしょうか。この原因は外気温と車内の温度の差が大きいことにあります。暖かい空気には多くの水分が含まれています。冬の寒い日のフロントガラスは冷たく冷えていますが、暖かい車内の空気がフロントガラスに触れて温度が下がると、持ちきれなくなった水分が放出されてしまうのです。このためにフロントがランスに水滴はたまり、白く曇ってしまうことになります。

フロントガラスが曇った状態では視界が遮られて危険です。そのためには窓ふき用のタオルをいつも備え置いていると安心です。さらに効果が高いのは、エアコンです。エアコンをかけると、フロントガラスの曇りが取ることができます。その際には、エアコンの吹き出し口をウインドウのマークがついているところに設定する必要があります。下側からゆっくりと曇りがとれていきますが、完全に取れるまで慌てて運転しないようにしましょう。中途半端な状態で発進すると大変危険です。特に雪で冷たく冷え切ってしまっている時は、曇りが取れるまで時間がかかります。
  

 

自動車の窓ガラスに対しては、常に綺麗な状態を保つことが何よりです。視界を常に良好にすることによって、安全性を維持することもできるために、各種クリーナーなどを駆使しても定期的に清掃作業を行うことがおすすめになります。そんな中、自動車の窓ガラスの中でも、特にフロントガラスの役割は重要なものがあり、全ての車種にワイパーが取り付けられていることになります。一般的には本体に対してゴムが付けられているものになり、綺麗に拭き取りができない場合では、新品へと交換することが求められているものですが、現在ではエコ仕様としてゴムのみを交換することのできるタイプも存在しています。ゴムの交換に関しては、購入した商品の説明書きを十分に把握して作業を行うことになりますが、誰でも簡単に施工できるタイプがメインとして発表されており、現在では人気アイテムとして成立しています。基本的には本体と同じメーカーのものを選択することになり、純正品と同じ規格を持っているものが適合することになりますが、汎用品として発表されているタイプが多いことによって、多くの車種で問題無く社外品を活用することができます。常に良好な状態に施すことによって、自動車の運転も支障なく続けることができます。

 

洗車が好きと言われている日本人は、愛車がきれいな状態であることが多いです。一般的に洗車は、外表面のボディーに対して行っていますが、内装やガラス窓を一緒に掃除する人は少ないのが現状です。ガラス窓は、運転時の視界をよくすることが事故防止の第一歩となりますが、そのほとんどが清掃を行っていません。外表面のボディーがいくらきれいになったと言っても、ガラス窓が汚れている自動車をよく見かけます。忘れがちなガラス窓も一緒に清掃しておくことを心がけましょう。全体的な見た目にも清潔な印象として見られます。
また、時期にもよりますが、ガラス窓においては温度と湿度の関係により内部、外部ともに曇ってしまう事もしばしば見受けられます。定期的にくもり取りを行っておけば、いつでも天候に左右されずにすみます。内部に発生した曇りであれば、エアコンを入れる事で曇りを除去する事もできます。ですが、除去するまでの時間にはタイムラグがありますので、その間は、より慎重な運転をしなければ、思わぬ事故を起こしてしまう可能性がありますので、注意が必要です。
日頃からウインドウのくもり取りと清掃は徹底する事で、より視界の良い状況を作り出すことになり、そのことが安全なドライブへと繋がります。

 

 

クルマの運転において視界不良は大変危険です。安全に運転するためにはクリアな視界をいつも確保する必要があります。まずフロントガラスが汚れているとクリアな視界を確保することができませんので、汚れが酷い場合は、運転する前にフロントガラスを雑巾で拭きとるようにしましょう。車内からはウォッシャー液で汚れを洗い流すこともできますので、ウォッシャー液が無くなることがないように、少なくなってきたら補充して切らすことがないようにしましょう。

また、フロントガラスはきれいでも、車内の湿気で曇ってしまうこともあります。これは外気と車内の温度差によって生じるもので、冬場の寒い時期は注意が必要です。フロントガラスが曇ってしまった場合は、エアコンをつけることによって曇りを取り除くことができます。エアコンの吹き出し口を窓のところに設定してスイッチをONにすればOKです。ただ、フロントガラスの上の面まで完全に曇りを取り除くには若干時間を要するので、さっとふき取るためにタオルを一枚用意しておくと良いでしょう。ただきれいなタオルで拭くことが条件です。汚い雑巾などで拭けば、かえってフロントガラスが汚れてしまいますので注意しましょう。