ブレーキは早めにが基本

 

雨の日の運転というのは普段以上に危険が付きまとうため、慎重さも普段以上に求められることになります。
特に重要なのがブレーキングであり、ブレーキはどのような状況でも早めにすることが基本となりますが雨の日は特に早めに踏む必要があります。

その理由としては路面が濡れているとスリップをしやすくなってしまい、制動距離が伸びてしまうことからブレーキを踏むのが遅ければ普段であれば止まることができたはずの距離であっても、止まることができずに衝突してしまうといった恐れがあるためです。
また、止まることができないというばかりか滑りやすい路面で急にブレーキを踏むことになると、車の制御がきかなくなり意思に反して車が勝手な方向に進んでしまう可能性もありますから、そのようなリスクを避けるためにも早めのブレーキが重要となるのです。

余裕を持ってブレーキを踏んでいれば滑りやすい雨の日であっても、安全の止まることができますから事故の危険性を最小限に抑えることができます。
車は人間が運転している以上事故をゼロにすることは出来ませんが、その可能性を極限まで減らすことは出来るので特に事故が起こりやすい雨の日などは十分に注意をして走るようにしましょう。