雨の道はこんなに危険が!!

 

雨の道というのは様々な危険に満ち溢れているため、普段以上に注意をして運転をする必要があります。
そこで、雨の道にはどのような危険が潜んでいるのかというと、まずスリップをしやすくなるというものがあります。
そのため、乾いた路面と同じ感覚で走っているとカーブや急ハンドルを切ったときに、車の制御がきかなくなり事故につながってしまうこともあるのです。

また、滑りやすいということは当然止まりにくいということですから、急ブレーキなどをかけたときにも制動距離が長くなってしまい、乾燥路面であれば停止することが出来たものが濡れた路面ではそのままぶつかってしまうということもあるのです。
それに加えて制御が聞かなくなる恐れも高いだけに、雨の道というのは普段以上に注意をする必要があります。

滑りやすいという走行面の問題だけでなく、視界が悪化しやすいという問題があり特に雨が上がった後であっても水溜りなどがあれば対向車などが跳ね飛ばした水がフロントガラスにかかり視界が一瞬にしてゼロになってしまうこともあるので、雨の道を走る時には急に視界が失われる危険性についてもしっかりと認識しながら注意深く安全運転を心がけることが重要です。